アフィリエイターとして地雷を踏み抜いていないか

2019年10月04日

インターネットの世界というのは、実店舗がない分気軽に誰でも始めることが出来ます。とりあえず流行っているからやり始めてみたという方の多くは、ほとんど下調べもしないままになんとなく書き始めているということも多いのですが、それでもそんな記事も世界中の方の目に晒されることとなるのです。根拠はないにも関わらず、さも正しいことかのように書いた記事を鵜呑みにして、それを試してみた結果大事故に巻き込まれたり死の危険が訪れたり、そういったこともあるかもしれない以上は、アフィリエイトは社会人として最低限のルールを気にして行わなければなりません。不正は法律で罰せられることもあります。匿名でやっているからとついつい大胆なこともしてしまいがちですが、今一度注意して行なうようにしましょう。

アフィリエイトで商品紹介をする際、基礎的な法律違反をしていたりはしませんか。薬事法違反や著作権の侵害などは、もちろん不正とみなされて罰せられます。基礎的なこと以外にも、専門的内容のことを記事として扱うのならばもっと複雑な法律が関係することだってあるでしょう。その分野での禁止事項としてどのようなものがあるかを下調べしてから行うことをおすすめします。

薬事法違反しているような商品を売っていた場合、もちろんそれを製造し広告を依頼した広告主も罰は与えられます。そして、商品紹介したあなたも同じく罪に問われることだってあるのです。禁止事項に関係していたなんて知らなかったと言っても意味はありません。ねずみ講で、その商品を売り込んでくれと言われてお友達に紹介して回るのと同じことです。売れたら成功報酬が得られるという点でも似ています。本当に良いものを売り込める場合もあれば、そうではない危険性もあるのがアフィリエイトの怖いところです。自分のところで犯罪を未然に防げるようになりたいものです。

たとえ良い製品であっても、それを紹介するのに著作権を侵害しているようではあなたに罪が着せられます。インターネット上で、ちょうどその製品を紹介するのに良いものが見つかることもあるでしょうがそれを使用して本当に良いのか今一度よく調べてみましょう。

アフィリエイターのお仕事は意外と地雷が多く転がっています。分かっていて踏み抜いてしまうのも当然良くないことですが、分からずにやったからといって問題なしとも言えません。何しろあなたのその軽率な行動で、被害をこうむる方は世界中に出てきてしまうのです。