最初から成果が伸び悩んでいる場合の原因と対処

2019年05月06日
地球とカーソル

若者達の間では活字離れがはなはだしく、その結果、文章を書くのが上手くない方が多くなっているようです。アフィリエイトで重要となるのはやはり文章力です。友人同士にしか分からないような若者言葉の羅列を多くの方々が読んでくれるでしょうか。

アフィリエイトを始める前にまずは読書を始めてとなると稼げるまでにかなりの時間を要してしまうため、まずはプロライターを目指すのはどうでしょう。プロライターとは書く専門家のこと、そこまで本気で考えずともライティングで副業が出来るようなサイトはネットですぐに見つかります。まずは30文字とか100文字の短い記事を書き、慣れて来ると1000文字以上と長い記事を書くことで文章力の無さを対処しましょう。読みにくそう・意味が分からないと敬遠してすぐに読者が去ってしまっていたという原因をどうにかするのです。数文字でも記事が採用になればお金になります。稼ぎながら対処出来るのですから利点も多いのです。

文章もですが、まずは人がやってきてくれるきっかけが作れていないことも原因だったりします。それがインデックスやキーワードです。内部対策を行い品質改善するとともに、今一度インデックスとキーワードを見直して流れてきてもらえるための道筋を作りましょう。

人気のキーワードを使えばやってきてくれるはずと思いがちですが、それだと同じテーマでブログを書いているライバルの数だって多くなるのです。今後もずっと更新を続けなければならない以上は、自身の関心のあること・身近なことを中心に他の人たちも関心を持ってくれるかなと思える題材を選んでみてはいかがでしょう。その上で、特に関心を引きそうなことをキーワードとして掲げるのです。そしてもちろん、内部対策や品質改善はばっちりと、やってきた方たちを決して逃すことなくずっと続けて見ていて貰えるように頑張ります。そんな時に、ライティングで築いてきた文章力は大いに役に立つはずです。

このように考えると決して簡単に始められるようなものではなく、どのようなビジネスでも稼ぐためにはマーケティング方法を考えなければならないことは分かります。とはいえ、自分が好きなことをいっぱい文章として紹介することが出来て、それで稼げるのであればアフィリエイトは楽しいことでしょう。文章力が付けば、社会生活を送る上でもプラスとなります。ライティングの仕事だってそのまま続けていれば、プチ稼ぎにプラスにも出来るのです。